FXは生き残れば勝てる!!

グランビルの法則について解説

移動平均線と価格の関係を分析した「グランビルの法則」について解説します。

この法則は米国の株式アナリストのジョゼフ・E・グランビルが提唱したもので1本の200日移動平均線と価格の関係を以下の3点に注目して8つの法則に分類しました。

移動平均線の「傾き」

価格と移動平均線の「カイ離」

カイ離」とは価格と移動平均線がどれだけ離れているかということです。

価格が移動平均線を上抜けるか、下抜けるか

8つの法則は4つの「買いサイン」と4つの「売りサイン」で分類されます。これから図を使って買いサイン4つを説明します。(売りサインは買いサインを上下に反転したパターンです。)

法則1

移動平均線が下降または横ばいで推移した後上昇した際に価格が移動平均線を上抜いたところで買い。

法則2

価格が移動平均線より下に位置していても移動平均線が上向きならば押し目買い。

※実際に買い注文を出すのは価格が移動平均線を上抜けるまで待ったほうがいいです。

法則3

移動平均線より上に位置している価格が下降し、上向きの移動平均線に近づくが割ることなく再上昇したところで買い。

法則4

下降中の移動平均線と価格のカイ離が大きくなった場合、移動平均線に価格が近づく傾向があるので買い。

以上、4つの買いサインについて説明しましたが「法則4」については逆張りトレードになりますので充分注意を払う必要があります。

個人的には「法則3」がトレンドフォローの手法に使いやすいかなと思います。

あばたのトレードの参考になれば幸いです。

 

この記事が参考になった方はポチッとお願いします!!

 

  為替・FX ブログランキングへ

関連記事

プロフィール

こんにちは、はじめまして!

ぐっどりです。

トレード暦は5年目に突入しました。

初心者~中級者が継続した利益を出すためのブログです。

詳細はこちら

ポチッとお願いします!!