FXは生き残れば勝てる!!

チャート分析の基礎「ダウ理論」

ダウ理論とは19世紀後半にアメリカで活躍した金融ジャーナリスト「チャールズ・ダウ」が提唱した理論です。

この方は本当に偉大な方で有名な金融専門誌「ウォール・ストリート・ジャーナル」を創刊し、彼が開発したダウ・ジョーンズ工業平均株価は私たちが経済ニュースでよく耳にする「ダウ平均」のことです。

ダウ理論は6つの理論で構成されており株価だけでなく為替でも充分に適応できる理論ですので覚えておきましょう。

 

①価格はすべての事象を織り込む

価格を決定する需要と供給に影響を及ぼす事象(天災や歴史的事件なども含む)は瞬時に価格の動向に織り込まれ吸収されます。

市場の未来を予測するには価格の動き=チャートが大事でありテクニカル分析が有効であるとする理論です。

 

②トレンドは3種類ある

・1年以上続く長期トレンド

・数週間から数ヶ月続く中期トレンド

・数週間未満の短期トレンド

重要度ごとにすると長期>中期>短期の順に大切です。

中期トレンドは長期トレンドの調整局面で、長期トレンドの逆方向の値動きになります。

その値動きは1/3から2/3の戻しになると言われています。

短期トレンドは中期トレンドの短期的な調整とされています。

③トレンドは3段階からなる

第一段階は「買い集め」の段階でいわゆる先行型の投資家の買いが入る局面。

第二段階は価格が急激に伸び、多数のトレンド・フォロアーが参戦する局面。

第三段階はトレンドの最終段階で新聞・ニュースが市場の好調を喧伝することにより一般投資家の参加が増えます。

しかし、第一段階で「買い集め」をした先行投資家の売りが入りトレンドは終焉します。

④トレンドは明確な転換のサインがでるまで継続する

この理論は現在利用されているトレンド・フォロー型の手法の基礎ですね。

難しいのは「明確なトレンドの転換するサイン」をどう定義するかという問題です。

「サポート・レジスタンスラインか?それとも移動平均戦か?」などいろいろ考えさせられます。

また、トレンド継続中でトレンドの終焉か単なる調整局面かを見極めるのも難しい問題ですね。

 

トレンドは相互に確認されなければならない

トレンドは出来高でも確認されなければならない

⑤⑥は株式投資についてダウが考案した理論ですのでここでは割愛させていただきます。

※⑤の相互とは「工業株平均」と「鉄道株平均」のことです。

 

この記事が参考になった方はポチッとお願いします!!

 

  為替・FX ブログランキングへ

関連記事

プロフィール

こんにちは、はじめまして!

ぐっどりです。

トレード暦は5年目に突入しました。

初心者~中級者が継続した利益を出すためのブログです。

詳細はこちら

ポチッとお願いします!!