FXは生き残れば勝てる!!

ボリンジャーバンドの正しい使い方

今回は人気のテクニカル指標のボリンジャーバンドについて解説します。

ボリンジャーバンドとはジョン・ボリンジャー氏が考案した中心値から上下にバンドを描いたバンド系テクニカル指標です。ボリンジャーバンドにおける中心値は単純移動平均線を使用し、平均線からバンドまでの間隔はボラティリティーの尺度の標準偏差(σ、シグマ)から決まります。

標準偏差とはある値が平均値からどれだけ離れているかを評価するものです。価格が±1σ以内に収まる確率は約68%、±2σの場合は約95%、±3σの場合は約99%だとされています。

 

スクイーズとエクスパンション

スクイーズとはバンドが横を向いて移動している状態、エクスパンションとはスクイーズからバンドが拡大している状態のことです。下の画像を見てください。

5

 

画像はUSD/JPYの日足で中心線が20SMA、バンド幅は±2σ、黄色い四角で囲まれた部分がスクイーズです。スクイーズが発生しているときはレンジ相場になっていてポジションが積みあがっていることを示しています。またスクイーズの期間が長いほどエクスパンションの信頼性が高いことになります。

黄色い円がエクスパンションの状態でトレンドが発生しているのがわかると思います。相場はスクイーズ→エクスパンション→スクイーズとバンドが収縮、拡大を繰り返しています。

 

バンドウォーク

バンドウォークとはローソク足が連続してバンドの外側で引けることです。

6

画像の黄色い円がバンドウォークの状態で強いトレンドが発生しています。よくあるボリンジャーバンドの誤った使い方が±2σ以内に価格が収まる確率が95%であることを利用したバンドにタッチしてからの逆張りです。

しかし、実際にトレードしているとバンドにタッチしたからといって反転しないことも結構な頻度であります。標準偏差内に価格が収まる確率はあくまで確率ですので、機械的に逆張りでトレードしてもバンドウォークが発生したりすると大きな損失になることもあるので機械的に逆張りしても継続して利益を得ることはできませんので注意が必要です。

 

ボリンジャーバンドの正しい使い方

ボリンジャーバンドの正しい使い方とはズバリ順張りトレードで使うことです。開発者のボリンジャー氏も安易な逆張りよりも順張りで使用することを推奨しています。

ですのでボリンジャーバンドはスクイーズからのエクスパンションを利用した順張りのトレンドフォロー戦略が基本的な使い方になります。

7

上の画像のようなトレードが理想的なボリンジャーバンドでのトレードですね。実際のトレードではボリンジャーバンドだけでなくトレンドラインやMAなどと組み合わせて総合的に相場の状況を判断しています。

あくまでもボリンジャーバンドは相場を判断するツールのひとつであるという認識を持って過信しすぎないようにしましょう。ボリンジャーバンドについてさらに詳しく知りたい方はボリンジャー氏が解説したボリンジャーバンド入門 いう本が出版されていますので興味がある方は読んでみるといいですよ。(ただ内容が初心者には厳しいと思いますが・・・)

 

この記事が参考になった方はポチッとお願いします!!

 

  為替・FX ブログランキングへ

関連記事

プロフィール

プロフィール

管理人:ぐっどり
トレード暦:4年
性別:男
年齢:三十路

YouTubeチャンネル登録

ポチッとお願いします!!