FXは生き残れば勝てる!!

ポジポジ病を克服しよう!

みなさんはポジポジ病を患ったことがありますか?

ポジポジ病とはポジションを持っていないとしょうがない状態のトレーダーのことです。

私も一時期このポジポジ病の患者でした。レートが急上昇すれば「よっしゃ!」と思って飛びつき、逆行すればドテンするトレードを繰り返していました。

結果は計画性のないトレードをその場の感情でしていたので悲惨なものでした。

その時期の自分のトレードを振り返ってみると、「利益を取り逃がしてなるものか!」と思っていたことがポジポジ病の原因だと考えられます。

現在ポジポジ病でお困りの方のために私が考えた対策をお伝えします。

 

常にチャートを見ない

まずトレードするときに画面に張り付いてチャートを監視しないようにすることです。

ずっとチャートを見ていると少し上昇しただけでも「ここから急上昇するかも?」と根拠のない希望でトレードしてしまいます。

ですので今日のトレードの方針を立てて、事前に決めていたエントリーポイントにきたらアラームが鳴るように設定しておきます。

そしてアラームが鳴るまでは検証作業や投資本を読んだりしてチャートはたまに見る程度にするのがいいでしょう。

 

トレード回数を決める

初心者の方はトレード回数が多いほうが儲けられると考えますが、実際は逆です。

トレード回数が多いとスプレッドやスリッページなどの取引コストが大きくなりその分儲けが減ります。

ですのでまず1日のトレード回数を1回に限定してみることをオススメします。

衝動的なトレードを繰り返すより厳選した1回のトレードをする方がトータルの成績は良くなるはずです。

 

トレードを記録する

おそらくトレード日誌をつけていない方がほとんどだと思います。

日誌を書くのは地味で面倒な作業ですのでしょうがない部分はありますが、絶対につけるようにしてください。

日誌をつける理由は自分のトレードを後から客観的に分析できるからです。

分析することで自分の問題点が明らかになっていきますので、改善するごとに成長することができます。

私も日誌を振り返ってみるとずいぶん適当なトレードをしていたことを再確認しました(笑)

(トレード日誌の詳しい書き方はこの記事を参考にされてください。)

 

以上が主な対策になります。みなさんも安易なエントリーを避け厳選したトレードをするようにしましょう。

 

この記事が参考になった方はポチッとお願いします!!

 

  為替・FX ブログランキングへ

関連記事

プロフィール

プロフィール

管理人:ぐっどり
トレード暦:4年
性別:男
年齢:三十路

YouTubeチャンネル登録

ポチッとお願いします!!